新入生は全員合宿期間中全裸フルチンで過ごすように命じられ

部活での合宿の初日に新入生は全員合宿期間中全裸フルチンで過ごすように命じられ、服とかトランクス一枚迄取り上げられました。
毎晩の様に集団センズリ競争や、夜中にフルチンのままダッシュで買い物に行かされたり、毎朝廊下で新入生全員フルチンのまま、手を後ろに組まされて朝勃ち検査等されていましたが、三日目位に僕だけ先輩方に呼び出されました。
僕は仮性包茎でしたが、そんなやつらは他にもたくさんいたのに、センズリの際に皮がチン毛を巻き込んで辛いだろうと言われました。
その頃は先輩から何を言われても聞かれても押忍の返事しか許されていませんでした。
仰向けに寝る様に命じられて両手・両足を大の字に広げさせられました。
僕はスゲェ嫌な予感がしましたが、発する事の出来る言葉は押忍しかありません。
そうかそんなに剃られたいかと言われ、僕は嫌で仕方ありませんでしたが、押忍と繰り返しましたが無駄でした。
粗方切られ剃られてしまい惨めな股間となりました。
残りは自分でツルツルにして来いと言われ仕方無く風呂場に行き、同級生が見守る中、パイパンとなりました。
それから一年間僕はパイパン検査をされ続け、二年になってやっとチン毛を生やす事を許されました。