水泳部の全裸自己紹介は結構ポピュラーなんだな

水泳部の全裸自己紹介は結構ポピュラーなんだな。
中学の時は夏の合宿の時だけ、1年も3年も全裸自己紹介の時間があった。
合宿っていっても海に行くんじゃなくって山。
少年自然の家って呼ばれる施設に夏休みの終わり際に、1週間位合宿させられた。

パンフレットに書かれている、夜のレクレーションって時間帯に、
毎回1年生から順に(初日だけ3年生が最初だった)全裸で後ろに手を組んで、足を開き気味に立たされて自己紹介させられた。
初日は3年生がサクサクやっても、1年生でかなり時間がかかった。
これは3年間ずっとそうだったから、恥ずかしがる人間の行動って結構決まってるのかもな。

二日目、三日目からはもうみんなキャッキャ言いながら楽しんでる。
みんな慣れた所で、この後は一緒に風呂で汗を流し合えってことで混浴になった。
お前はあの女、お前はあの男って感じで、部長が(男子部長、女子部長がいた)勝手に決めていくの。
その合宿以降は、通常の部活後のシャワーも、男女合同になってた。

チンコが立つかって言われれば、最初はどうしようもなかった。
後半は、立とうと思えばいつでも立つって感じで、かなり慣れてたと思う。
3年になると、チンコを触ってくれる同級生(同じクラス)女子が出来て、ほぼ毎日、部活後に色んなことやってた。
ロリコンじゃないんだけど、これくらいの年代の娘を見ると、当時を思い出して変な気分になる。

高校は時代のせいもあってか、初日からプールサイドで全裸自己紹介だった。
知らない女子からみられるのは、いつまで経っても緊張するもんだ。