中学時代のスクール水着への着替えは男女混みのクラス全員教室着替えだった

今ではほぼ100%あり得ないというかあってはいけない話だが、
中学時代のスクール水着への着替えは男女混みのクラス全員教室着替えだった。
その着替えで体にタオルを巻いて着替えていたのは女子の一部のみ。
前の授業が終わってから次の水泳の授業が始まるまでの休み時間10分の間に
着替えなければならず、皆タオルを巻いている余裕なんてなかった。
体育教師が当時は見逃されていたが体罰の多い奴で、キャップを忘れた女子がプールに
入っただけで女子をプールサイドで四つん這いにさせ、水着のおしりの部分を捲って
パーン、パーンと音が響くほどおしりを叩いたこともある。
だから授業に遅刻しようものならどんな体罰を受けるかわからず、
たとえ女子は自分の素っ裸をクラスの男子全員に見られても体罰を恐れ着替えていた。
女子の着替えの場合、袋からスクール水着を出したら靴下、スカート、制服、ブラジャー、
そして最後のパンツを脱いで素っ裸になって水着を着用した。
脱ぐときにオッパイがぷるるんと揺れようがパンツを脱ぐとき真後ろでしゃがんで下半身を
覗きこむ男子に気付いても構わず、というようなものだった。
男子も女子のおかげで勃起したチンコを出し、それを女子が見ているだけであればまだしも
隣席の女子にチンコを触らせることも。
水泳の授業が終わると教室に戻り、また素っ裸で制服に着替え。
水を吸った水着の窮屈さと戦いながら素っ裸になる女子の姿はまさに天国。
午後最初の授業が水泳だと昼休み中に水着に着替えることになる為、
残り昼休み時間と掃除は水着姿のまま行っていた、そんな中学に通っていた。