担任の先生の意向からでしょうか、男子は全員全裸で身体検査

ぼくも今から7,8年前の小学校6年生の時の身体検査で恥ずかしい思いをしました。
ぼくたちの小学校の身体検査は男女別々で保健室で行われるのですが、担任の先生の意向からでしょうか、男子は全員全裸で身体検査を受けさせられました。ぼくは当時から他の男の子たちよりも成長が早く、小学6年生にしておちんちんが普通にしていると10㎝ぐらいで、勃ってしまうと16㎝ぐらいになってしまいました。他の男の子に見せるのだけでも恥ずかしかったのに、そのときの身体検査の記録係は同じクラスの女の子2人でした。つまり、その同じクラスの女の子におちんちんを見られてしまうわけです。他の友達のおちんちんと比べてもぼくのはかなり大きかったので特に恥ずかしかったのを覚えています。
そして、みんな全裸になり身体検査が始まりました。身長計のところに順番にならんで、ぼくの番がくるのを待っていました。そしてぼくの番がきて身長計に立とうとしたところ、記録係の同じクラスの女の子2人がぼくのおちんちんを見て、ひそひそと話しているのが見えました。他の子と大きさが違うので驚いているようでした。そして身長計に立つと、同じクラスの女の子に見られているという恥ずかしさから、なんとおちんちんが勃ってきてしまったのです。気持ちを落ち着けようとすればするほど余計に勃ってきてしまい、完全に勃ってしまいました。女の子の方をみると2人ともくすくすと笑っていました。これはものすごく恥ずかしかったです。
この日の後、このことはクラス中に広まってしまいました。しかも記録係の子がクラスの女の子にも言ってしまったらしく、女の子にまでも広まってしまいました。
ぼくは小学校時代から大きくてこんな経験をしましたので、おちんちんが大きいのが嫌になってしまいました。