保健室内で測定中に火災報知機が作動

よく校外に話が回らなかったなと11年経った今でも驚いているが、中学2年の頃、授業中に火災報知機が作動した。
前日近所で放火事件が多発していたので先生たちも敏感になり、確認もせず授業を中断して校庭に出る指示を生徒たちに出した。
次々と生徒が校庭に出てきて先生が点呼をする。
3年の一組がまだ校内に残ってるのを全員が心配していると、その一組の生徒が
体育館につながる通路のドアから外に出てきた。
男子も女子も全員パンツ一枚、裸足の姿で。
オッパイをしっかり手で隠して走る女子はごく一部。
殆どの女子は上下にプルンプルン揺れるオッパイを丸出しにして男子と混じって校庭で座って待っている僕らに向かって走っていた。
座ってて良かったなと思ったが、その女子の姿に一気に勃起した。周りも騒然となった。僕らも女子のオッパイに夢中だったが、一緒に逃げたパンツ一枚の3年男子も股間を股間をパンパンに膨らませて女子の誰かに視線を向けていた。
目の前で走り終えて立ち止まったパンツ一枚の3年男女が息を切らしていた。
疲れて両ひざに手を置いて垂れ乳状態の女子や、よく見ると白いパンツが透けて黒い部分が目立つ女子の姿を落ち着いては見れなかった。
前の友達と女子のオッパイ話をしていると、隣で聞いていた女子に
「うわ、最低ー」と言われたがそのときはそんなこと気にしていられなかった。
次第に落ち着いて周りの視線が気になったオッパイ丸出しの女子がオッパイを手で隠すようになったが、それでも数人オッパイは丸出しで注目を浴びていた。
こういうとき、顔がブスでも巨乳でスタイルがよければ興奮してしまう。
逆に可愛い顔で貧乳は萎えてしまった。
先生たちも平常心ではいられなかったようで、全員パンツ一枚の理由は後にしてとりあえず空いてる所に列を作って男女点呼させ、パンツなのに男女とも座らせていた。
横のその光景に何度も唾を飲んだ。
結局、校内や校外に火が見られなかったのことから、火災報知機は誤作動という結果だった。それが確認されたのは全員校庭に集まって30分後。
当然僕らよりパンツ一枚の男女のほうから「えー?!」「うそでしょ?!」という声が大きかった。
誤作動で自分のオッパイを、パンツ姿を全校生徒に晒したわけだからショックなわけがなかった。
何もなかったので教室に戻るのだが、先生たちはパンツ一枚の3年生を先に校舎内に戻る指示をした。
そこで真相が明らかになったが、このクラスはちょうど保健室で身体測定をしていた。男子が廊下に待機し女子が保健室内で測定中に火災報知機が作動し、養護教諭(保健室のおばちゃん)と担任が同じく確認もないまま生徒たちに外に出るように指示した。
しかし格好はパンツ一枚で男子も女子も服は教室に残したまま。でもこの姿で外に出たくないという女子の抵抗が続き、担任が一人の女子を平手打ち。
「裸でも逃げて生きるのと火事で焼け死ぬのどっちがいいんだ」という担任の説得により、廊下で待っていた男子と保健室内の女子が混じってパンツ一枚のまま外に出る形となった。
だから何事もなかったならその格好だし先に保健室に戻して身体測定を再開させようという先生たちの考えだったが、明らかに逆効果だった。
一番最初に立ち上がって校内に戻る姿はとても目立つ。
そして前日に雨が降っていたせいで校庭はぬかるんでいた為、男子も女子も白のパンツのお尻に茶色がついていて、興奮と笑いを誘った。
もし前の日なら自分の組がこうなっていたかもしれないだけに、恐怖と女子のパンツ一枚で逃げる姿も見たかったなと思いながら、3年生がパンツ一枚で校内に戻る後姿を見た。