それでは身体測定と身体検査やりますので服全部脱いでくださいね

六年生になってすぐ転校することに。
その新しい学校では転校生は別な日に身体測定と身体検査の二本立てだった。
六年生は私と男子二人だった。
当日、保健室へ。全学年転校生対象の身体測定と身体検査で、全員集まると先生が
「それでは身体測定と身体検査やりますので服全部脱いでくださいね」
と言ったので思わず「はぁ!?」と言ってしまった。
低学年はなぜか裸になると聞くとキャッキャと喜んでいたけど
六年生の私にはとても喜べなかった。ましてや同じ六年生の男子が二人もいる。
低学年は平気で裸に。勃起のない純粋な「おちんちん」に
女の子はぺったんこの胸にきれいなワレメ。
すでに胸が他の女子より膨らみ下の毛もしっかり生えていたので
一枚一枚脱ぐごとに恥ずかしさが増していた。
でも逃げられないしクラス全員いるわけでもないので、
上半身裸になった時点で「よし、もう恥ずかしくなるのやめよう。しょうがない!」と
吹っ切れてパンツも下ろした。低学年の男の子が裸になった私に色々聞いてきて
答えるごとに恥ずかしさが戻ってきた。
身体測定ではどこも隠せない状態で身長、体重やスリーサイズまで保健室内の
人間に知られ、身体検査では人前で胸を揺らされ揉まれ、
診察台の上では足を開いて股間をいじられ、四つんばいにさせられ肛門の汚れ具合を知られてしまった。
終わって保健室を出てから男子二人に同情され、トイレでわんわん泣いた。