女子は水着なのに男はふんどし一枚で泳がされた

中学の時夏休み前に海洋大会があり、女子は水着なのに男はふんどし一枚で泳がされた。
このふんどしが結構薄くて泳いであがってくると前についてるさらし?が無いとうっすら透けてしまう。
俺が泳ぎ終わって海から上がってきた時にはちょっと横にふんどしがずれていて、前のさらしも一緒に横にずれて固まっていて前はふすい白い生地一枚になっていた。
中3の時すでに俺はむけていて人より大きいモノを持っていたのだが、それが生地にぴったりはりつき、形がくっきり出てしかも透けていたのでほとんどモノがまるわかりの状態になっていた。
海から上がったばかりの時はしんどくて気にせずそのままゴールしてみんなのいる方へいったのだが、同級生の一人が俺の透けてくっきりしているチンコに気づいて、お前すごいなといった。
すると周りのみんなも一斉に俺のチンコを見た。そこからお前むけてるじゃねーかとかでかいなとか言われた。
更にうちは田舎の学校だったので男も女も結構面と向かってはっきりいうので、女子にもイヤダおちんちん丸見えとかあれって大きいの?とか冗談半分でもっと見せてとか言われた。
真面目な女子も横でまじまじと俺のチンコを見ていた。その後俺が隠そうとしたら隠すなよといわれたので、隣の男のさらしをめくったらそいつも透けてくっきりしていたが、まだ皮かぶっていてサイズも小さかったので、周りから小さいといわれて腹がたったのか他の2.3人のもめくっていった。
そこから悪ノリになって5人ぐらいで透け透けクッキリさせたチンコを見せた。
そこから品評会が始まり形がどうのとか男も女も混じって盛り上がり、その中で剥けていてサイズの大きい俺のチンコに皆の視線が集中してきた。
隣にいた男がチャンピョンといって俺の腕をあげてきたので俺も調子に乗って、ふんどしをきゅっと持ち上げチンコを強調したポーズをとった。
この場にいた7.8人の女子がみな俺のチンコを見ていてうれしさとちょっと興奮して軽くしごく真似もした。
すると女の1人が優等生の女の子を連れてきて、俺のチンコを見させた。その女子は優等生にチンチンと言わせたいらいらしく、ほら見て○○(俺)のチンチン丸見えだよ、大きいねってちょっとわざとらしく言っていた。
優等生はちょっと恥ずかしそうにしながらもチラチラ俺のチンコを見ていた。なかなか言葉に出さなかったのだが周りの女子も変な連帯感で協力して、遂にその優等生が周りに流されうん、○○君のオチンチン見えてる、すごいと言った。
やったという感じで女の1人が△△(優等生)が○○のオチンチンすごいって言ったよといった。
その後その優等生はすぐ恥ずかしがっていいわけしていた。
次の日終業式だったのだが、前日の海洋大会の結果等が貼りだされていたのだが、横にいたずらで女子の何人かが、おっきいオチンチン大会優勝○○と書いた紙を貼り、横に審査△△とあり、優等生の切り取り写真が貼ってあって、
口吹きで○○君のオチンチンすごいと書いてあった。みんなそれを見て、○○のチンチン見たのって優等生に聞く奴やら、○○ほんとでかかったと話を大きくする奴や女子には昨日その輪にいなかった子はキャーキャー話たりしていた。
優等生は本当に見たのか聞かれて恥ずかしそうに顔を疎そむけたので一人がやっぱ見たんだ!といった。
で大きかったのと聞かれても恥ずかしそうに答えないままでいると仕掛け人?の女子がやっぱ大きいかったんだ!といったらクラス中がドーっと沸いた。
昨日輪にいなかった女子のほとんどが俺のチンコを見ていて、おちんちん大きいんだってと笑いながら話たりしていました。
すると一人が優勝した今の感想はとちゃかしてきたので、俺も調子にのって、△△さんに大きくてすごいといわれ光栄です。と言った。
女子の優等生への嫉妬?いじめ?も交わり、俺のチンコは一躍注目の的になってしまった。
それからの卒業までの半年間は常に女子にチンコを見られているような気がしました。