高校生にもなって、なんで公道でフルチン状態にさせられなければならないのか・・・。

僕が通っていた高校は、私立の男女共学。男子は全寮制だった。
夏休みになると臨海学校があり、生徒全員強制参加であった。
臨海学校が行われるのは、ある県の海水浴場。
僕の高校の臨海学校はその地域では有名で、地域の人も多く見物に来ていた。
(ホモの人も多く来てて、写真をバチバチ撮りまくっていたけど・・・)
宿泊先は、海岸沿いにある民宿みたいなところだった。
臨海学校では、女子はスクール水着だが、男子は白ふんどし一丁(六尺)だった。
ふんどしなので、僕ら男子のお尻は丸見え。
海で泳ぐのはまだいいけど、準備運動やランニングもふんどし一丁でさせられた。
僕ら男子のふんどし姿は、その地域の風物詩みたくなっていた。
しかも、もっと嫌なのが、1日の臨海学校が終わったときのこと。
旅館を砂だらけにしないようにということで、
海から戻ると、旅館の前で先生が僕らに水をかけて、砂を落とすことになっていた。
しかし、この時旅館の玄関先の道路でふんどしを取ることになっていた。
そして僕ら男子はフルチン状態にされ、そこに教師が、ホースからの水をかけるのである。
もちろん僕ら男子は人前でフルチンになるのは嫌だ。しかも旅館前の公道でである。
しかし先生に言われては仕方がない。僕ら男子は旅館の前の道路でふんどしを外した。
しかし僕ら男子はチンポを見られたくないので、手でチンポを隠して整列していた。
また水をかけられる男子も、恥ずかしいからチンポを手で隠して水をかけられていた。
すると先生が一喝。
「手で隠したら、チンポについている砂が落ちないだろう。手をどけろ!!」
「後ろに並んでいる奴も、一人前に手で隠すんじゃない!!」
僕ら男子は全裸で宿舎前の道路で整列。
先生がホースで水をかけて砂を落とすのを待たされた。
僕らの全裸を、近所の子どもやおばさんなどが、面白がって僕らを見物してやがる。
また女子生徒も僕らの全裸姿を見物している。
しかもホモがカメラを持って、僕らの全裸をバチバチ撮ったり、ビデオに撮っている。
高校生にもなって、なんで公道でフルチン状態にさせられなければならないのか・・・。