「Cくん、おちんちん見ちゃってごめんねー」

私が小6の夏休みに親戚の家に遊びに行ったときの話。
伯母には娘が2人いて、そこに母と私のほかに、叔母とその
息子も来ていた。(伯母は母子家庭)

伯母-娘2人(Aちゃん:小6、Bちゃん:小5)
母-娘(私:小6)
叔母-息子(Cくん:小5)

こんな感じで、女の子同士は仲が良かったけど、ひとり
男の子のCくんは、少し居心地が悪そうだった。
ある夜のこと、マッサージの資格を持ってる伯母さんが、
お風呂上りのCくんをマッサージしようってことになった。
母や叔母、私、Aちゃん、Bちゃんは見学(?)することに。
伯母さんはCくんを布団に寝かせると、「パジャマは邪魔ね」
とCくんのパジャマの上を脱がせてマッサージを始めた。
上半身裸のCくんを見て、みんなちょっと嬉しそうで、Cくん
は恥ずかしそうにしてた。
上半身のマッサージが終わると、叔母さんはパジャマのズボン
を下ろして、Cくんをパンツ一丁にした。するとCくんが暴れ
だしたので、みんなでCくんの体を押さえつけた。叔母さんが
「C、暴れないの。伯母さんマッサージできないでしょ」
と怒って、Cくんをおとなしくさせた。
私はパンツ一丁でマッサージされてるCくんを見て、パンツも
脱がされないかなあと内心期待していた。Aちゃん、Bちゃんと
目が合うと、ふたりもそんな雰囲気だった。
そんな願いが通じたのか、伯母さんが「やっぱりパンツも邪魔
ねえ」と言って、「いい?」と叔母さんに聞いた。叔母さんは
「いいわよ。見られて減るもんじゃないし」と、むしろ楽しそう
に答えた。Cくんがまた暴れだしたけど、みんなに体を押さえ
られているので、無駄な抵抗だった。伯母さんは一言「Cくん、
ごめんね」と声をかけると、Cくんのパンツを掴んで、一気に
引き下ろした。するとCくんのかわいいおちんちんが丸見えに
なった。私とAちゃん、Bちゃんは「きゃーっ」と声を上げる
と、Cくんのおちんちんを間近で観察しながら、3人でいろいろ
「あんな形してるんだ」「柔らかそう」「Cくんのおちんちん、
かわいいね」とか言い合った。Cくんは顔を真っ赤にして、恥ず
かしそうにしていて、見かねた母が「Cくん、ちょっとかわいそう
じゃないの」と言ったけど、叔母さんが「いいのよ。男の子が
おちんちん見られたくらい、どうってことないわよ」と返した。
マッサージはそれから10分くらい続いて、その間ずっとCくんの
おちんちん見放題だった。私も、おそらくAちゃん、Bちゃんも
はじめての体験で、みんなできゃっきゃ言い合って楽しみながら
も、Cくんのかわいいおちんちんをしっかり脳裏に焼きつけよう
と、じっくりと舐め回すように観察していたと思う。そんな遠慮
ない視線に反応したのか、Cくんのおちんちんが大きくなって
きて、それに気付いたBちゃんが、Cくんのおちんちんを指さし
て「マッサージしてないのに、大きくなってるー」と言ったら、
伯母、母、叔母、Aちゃん、そして私も大爆笑した。
ひとしきりみんなで笑った後、伯母さんが「ごめんね、Cくん。
みんなに見られて恥ずかしかったんだよね。AもBも、Cくんの
おちんちん見過ぎでしょ」と言って、2人をたしなめた。私の母
も「あんたもよ。そんなに見たら、Cくんだっておちんちん大きく
しちゃうでしょ。」と私を叱った。それでも叔母さんは「いいの
いいの。男の子のおちんちんなんて滅多に見る機会ないんだから。
Cのでよければ、好きなだけ見ていいよ」と私たちをかばった。
さらに続けて「好きな女の子に見られたら、おちんちん大きく
なっちゃうよねー。CはBちゃんのこと好きだもんねー」と、
CくんとBちゃんの顔を交互に見て言った。それを聞いてBちゃん
は「えーっ」と声を上げたけど、少し嬉しそうだった。Bちゃんは
全く懲りてないのか、にやけ顔でCくんのおちんちんを見ながら、
「Cくん、おちんちん見ちゃってごめんねー」と言った。私も
Cくんの恥ずかしそうな顔を見ながら、「Bちゃんにおちんちん
見られちゃったね、Cくん。恥ずかしいねー。私もAちゃんも見た
からね、Cくんのおちんちん」とCくんをからかった。つられて
Aちゃんも「Cくんのおちんちん大きくなってるよ。女の子に
おちんちん見られて気持ちいいの?ほら、Cくんの好きなBが
Cくんの大きくなったおちんちん見てるよ」と言い、伯母さんまで
「みんなにサービスしちゃったね、Cくん。AとBに男の子の
見られたくない大事なところ見せてくれてありがとうね。」と冗談
ぽく言ったら、Cくんが泣き出したので、マッサージはそこで終了
となった。
翌日からは、私やAちゃん、BちゃんがCくんに気軽に話しかける
ようになったけど、Cくんは恥ずかしそうにして逃げてばかりで、
結局仲良くはならなかった。あの夏以来、Cくんとは会う機会が
ない。ただ、あのときのCくんのおちんちんはたっぷり観察した
おかげで、今でも鮮明に覚えている。