全部脱いで乾かすから、その間にご飯を食べなさい!

今から、10年前の小4の時の話ですが、
川遊びの時、近所のクラスの同級生女の子の前で母親に素っ裸にされたことがあります。

ちょうど夏休みで母親と小2の妹、
そして近所に住んでいて妹と仲が良く、同級生の女子(A子)と小5の女子(B子)
の5人で車でピクニックに行きました。
特に、同級生のA子とは自分も仲が良く、とても可愛かったので、初恋の相手でした。

朝から山に登り、帰りの際に、自分達以外に誰もいない広い河原がありました。
そこで、遅い昼食を食るながら遊んで帰ることになりました。

ご飯の準備ができるまで、母親の除く4人で川の近くで遊んでいました。
特に川遊びが目的ではなかったので、水着はなく、普通の服で遊んでいましたが、
深みがあり、そこに自分がはまってしまい、全身ずぶ濡れになってしまいました。

母親のところに帰って、全身ずぶ濡れになってしまった事を言ったら、
なんと母親は、少し不機嫌そうに気味に、
「これじゃ、車に乗れないから、全部脱いで乾かすから、その間にご飯を食べなさい!」
と言い出しました。

自分は一瞬凍りついたのですが、母親に促されるままに、全部、パンツまで脱がされしまいました。
そして、バスタオルが無かったので、小さなハンドタオルで全身を母親に拭かれました。

妹はただ笑っていましたが、
A子、B子は共に、驚いた顔で、手に口をあてヒソヒソと話しながら一部始終を見ていました。
自分は、内心恥ずかしかったのですが、恥ずかしがったりすると、更に恥ずかしくなるような気がして、
それが普通のように振舞っていました。

しかし、全裸のままで昼食を一人だけ食べなければならず、
何気ない学校の話とかを、母親としていても、
A子とB子の目線が時々チラチラと、自分の股間行くのが分かりました。
ほとんど拷問のような時間でした。

しかも、あまりにドキドキして興奮してか、自分の股間が勃起してきてしまいました。
母親は「あんた何考えてるの!」と笑い、
B子は「すごい!こんなになっちゃうんだー!」と言っていました。
大好きだったA子は、ただ黙って、驚いた顔をしていました。

何とか、1時間半後には服はある程度乾き、車に乗って帰ることができました。

今思っても、生きてきた中で最も恥ずかしい事件でした。。