相撲大会でフリチン披露

小・中学生の時に相撲部で試合中のできごとです。

それほど大きくない試合だったんですが。

いろんな学校の生徒が集まる重要な試合のことでした。

試合中突然、ぼくの股間を覆っている前の帯がはずれてしまったんです。

しかもぼくの廻しを掴んでるやつが、ぼくを嫌ってるやつで、わざと廻しを放さないでいました。

毛の生えかけの(成長が遅かったんです)小さな包茎のチンチンがぷらぷら揺れてすごくみんな大笑い。




すごく恥ずかしかったですが、相手の輩の力があまりにも強く、ぼくはその状態で動けませんでした。

普通は股間が露になると一発で反則負けになるんですが、何故か審判もお客さんも一緒に楽しんで、笑っていました。

今思えば悔しくてたまりません。

それでも相手の子はぼくを放さなくて、ついには見に来ていた友達が、後ろから携帯でぼくのお尻を撮影してきました。

もちろん、他の学校の生徒なんてこんなおいしい場面ないでしょう。

「ちんこ出しとる〜」「げー!ちっせぇ」とか手を叩いて冷やかされました。

それからぼくは散々笑われた後、相手に「トドメだ」とか言われ一気に廻しを抜き取られました。

そして、そのまま投げ倒され、土俵の外へ転がりました。正確に言えば、わざと土俵の外に投げられたんですけど。

しかも最悪な事に、投げられたところには同じ学校の女子のグループが…。(どうせそれも相手の奴の計算だったと思います)

すごい嬉しそうに女子たちは悲鳴上げて、立ち上がって後ずさりしました。

それもそのはず。ぼくは仰向けで、下半身をの彼女達の方へと向けて大の字になっていたのです。

他のお客さんも大笑いしていました。もちろん審判もです。

同情してくれて「大丈夫?」と声をかけてくれる人もいましたが、本当に一人か二人でした。

痛さと恥ずかしさで身動きの取れないぼくを、さらに屈辱が襲います。

小さい男の子達が前にやって来て、「あー!ちんちんだ!」とかぼくのアソコを指差してきてすごく恥ずかしかったです。

「お母さん、ねぇ。ちんちん出してるよ〜」とか子どもが言うもんだからお客さんも笑わずにはいられないでしょう。

その子どもに、コラコラとか注意するお母さん達も半笑いです。

笑い声の中、何とか立ち上がり、股間に手を押さえて廻しを探していると、土俵上で審判が持っていました。

(しかも、みんなに見せる様にちょっと掲げる感じです)その隣では相手のやつがにやにやしながら僕を見ています。

そいつをぶん殴りたい衝動に駆られながらも、ぼくは股間を押さえてやっと起き上がって、顔を赤らめながら全裸でちょこちょことギャラリーの前を走って土俵に上がりました。

もちろん、「やだあーあの子」とか「お尻丸出し〜」とか「かわいそう」とか声はかかります。

ぼく無視して土俵に上がります。

けれど、最悪なのはそこから。誰かにに廻しを締めてもらわないといけないこと。

お客さん全員の前で素っ裸で突っ立っておどおどしていると、客席からお父さんが申し訳なさそうに立ち上がって土俵に上がってきました。

お父さんも恥ずかしそうで、ぼくを見るなり睨んできます。(一番、恥ずかしいのはもちろんぼくなんですが)

お父さんは監督から廻しを受け取ると、ぼくのお尻を平手で叩きました。

「馬鹿かっ!恥ずかしいっ」と言われました。お客さんも大笑いです。

で、ぼくはできるだけお客さんんお方にお尻を向けたいのですが、お父さんは何を考えてるのか、ぼくをお客さんの方へと向けて後ろから廻しを通そうとします。

数多くの生徒や、その父兄の方々と目が合いました。みんなニヤニヤしながらぼくを見ています。


「ほら、手どけろ」
お父さんがぼくの手をどけます。気をつけの姿勢になると、また、大人達からはクスクスと笑い声。

女子達からはひそひそ声。男子生徒や、子どもからは大笑いの声。

よく見れば撮影しているものもいます。本当に泣きたい気持ちでした。

「本当に、申し訳ないです。お恥ずかしい」ってお父さんは何度も言いながらぼくの廻しを絞めて、そそくさと席へ戻りました。

審判が、「えー、反則負けかな」とか今頃になって言ってきます。

もう負けは負け出し、見られたものはどうしようもないじゃないですか。

ぼくは今更そんなことどちらでもよくて早く終わってほしいと言う気持ちで一心だったんですが、、他校の生徒が「ホーケー負け!ホーケー負け!」とか大きい声で審判に言っていました。

ただの悪ふざけじゃないですか(というより、いじめです)なのに審判はそれを聞いて、楽しそうに笑って、「じゃあ、Sくんは包茎負けで、Nくんの勝ちです」とか言いました。

もちろんそれを聞いたお客さんには大受けで、仲間のところへ戻ると全員から冷やかされました。

お父さんは試合が終わった後も、他のお客さん達に頭を下げていて、「本当に、お恥ずかしい」とか言っていました。

横にいるぼくの頭を同時に下げさせて「こいつが、汚らしいものを見せてしまってすみません」とか言っていました。

お客さんは、大半は笑いながら何も言わず会釈するだけなんですが、中には「すぐ大きくなるよ」、とか「こんなに大きな体なのに…ねぇ」とか意味深な感想を言われました。

「いや〜本当にいつまで経っても成長なくてですね」

「昔から変わらないんですよ。ここだけは」

と、ぼくの股間を指差しながら真面目に答えるお父さんの横で、ぼくは体を小さくしていました。